【カサブランカ】

一年でも特ににぎやかになるクリスマスシーズンがやってきました。
お店はクリスマスグッズが並び、BGMは定番のクリスマスソング。年の瀬で忙しいのになんだかワクワクしちゃいますね。子どものころ、サンタさんにクリスマスプレゼントをお願いしたことを思い出します。

みなさんはご自身にクリスマスプレゼントをされますか?
今年のクリスマスには、頑張った自分へちょっと素敵な贈り物をしてみませんか?

今月は「自分ご褒美」のすすめで、百合の女王「カサブランカ」をご紹介します。
凛としている姿は美しい女性の代名詞のようです。
百合は気品の花。凛としていて上品なこの花はあなたの“控えめに見守る優しさ”を伝えてくれる花です。先月ご紹介したカーネーションは“おせっかいなまでの優しさ”の花に対して、百合の花はとっても控えめ。こんなに華々しい花なのに、東洋医学・陰陽五行の花療法では、陰性のお花とされています。ですから、落ち着いて一歩引いて見守る、いわば大人の優しさを持ったお花といえます。
香りも高くリビングや玄関に飾るだけで家中に香りが漂い、幸せ気分になります。

この時期は1本2,000円ほどでお花屋さんに出回っています。ちょっと高価で普段では買い求めるのをためらってしまいますが、今年のクリスマスは一生懸命頑張っている自分へのご褒美として1本のカサブランカをご自身へプレゼントしてみませんか。家にお花を飾ることは家族への思いやりにもなることもお忘れなく。
花はココロのお薬です。