ヒプノセラピー
txt01
midashi02

人は誰でも心にさまざまな傷を受けています。傷ついた瞬間を覚えている場合もあれば覚えていない場合もあります。特に自我が確立されていない幼いころは催眠状態のようなものであり、何気ない一言や一瞬の出来事がトラウマとして残ってしまい、現在のあなたに大きく影響を及ぼしている事が多くあります。時間を逆行してその心の傷を受けた時点へともどり、大人のあなたがその時の状況をもう一度見て理解することによりトラウマが癒されます。  中間世では生まれてくる目的を質問してみることもできます。

midashi03

アメリカの精神科医ブライアン・L・ワイス博士の著書、「前世療法」や「魂の伴侶ーソウルメイト」などで広く知られるようになりました。  前世の有無については賛否あると思いますが、イメージ療法としてとらえていただければよいかと思います。トラウマが生じた時点へ戻ろうとしたら、その時点が現在の人生より以前の場合は前世になります。その時点の状況を把握し理解し学ぶことによって深い癒しが得られます。  ですから、前世の有無が重要ではなく、現在のあなたに影響を与えているものを解消する事が主な目的です。前世が何であり、何を学ぶために今世に生まれてきたのかがイメージできると、あなたの人生が少し楽になっていくでしょう。

midashi04

人の性格の中には、誰にでもいろいろな性格が混在します。怒りっぽい部分、恐怖心、孤独感、虚言癖、自信喪失、緊張症状、過食、お酒やたばこが止められないなど、様々な性格、癖を持ったサブパーソナリティ(副人格)がいます。  催眠下にそれぞれのサブパーソナリティに出てきてもらい、問題の原因を究明し、解決法を聞いていきます。インナー・チャイルド(内なる子供)やハイアーセルフ(超自我)もサブパーソナリティのひとつと考えています。

midashi05

1ヵ月後、1年後、10年後、来世など未来をイメージする療法です。潜在意識が思っている方向に人生は進んでいくと言われています。逆に言えば、どんなにこうしたいああしたいと思っていても、潜在意識が強く願望しなければ「どうして思うようにならないんだろ・・・」と嘆く結果になってしまいます。  あなたにとっての希望の未来や来世を体験したら、それを深く心にアンカリング(心に定着させる)します。すると、潜在意識も容認した方向に人生が進んでいくことでしょう。

txt02
バナー
当サイトの著作権は天使の花仕事に帰属されます。無断転用や改竄は法律で禁じられていますのでご注意ください。
Copyright © Tenshi-no-hanashigoto All Rights Reserved.