フラワーハートセラピー
txt01
txt02

「心療内科や福祉施設でも注目されているセラピーです」

花には色があり、香りがあり、形があります。それぞれが持つ癒し効果を最大限に活かし、セラピーの心理学をベースに置いたフラワーハートセラピーは、主宰「芙和せら」が考案し、1989年から実際に行っているセラピー法です。カウンセラーである芙和せらが、セラピーの場面にフレッシュな花を取り入れ、臨床を重ねて創り上げたものです。*特許庁で知的財産として認められています。

midashi01

生花を使って自由に自分を表現するという心理療法です。心理療法の分野に絵を描いたり、楽器を奏でたりするような芸術性の高い事で心身を癒す、芸術療法と言う分野があります。ココロの赴くままに自分を表現する(自己開示)ことで、心身を癒すという療法です。
 ココロのままに、自由に感じたままに表現するという行為により、ココロを遊ばせ傷ついたココロや身体を癒していくというプロセスです。表現には人を癒す力があります。
 フラワーハートセラピーは花に自由に触れることで、花の中にココロを解き放ち、花から何かを教えてもらい自分を癒すことです。色とりどり数十種類の花の中から自由に選び、心のまま吸水性スポンジにアレンジします。出来上がった作品は心理状態が反映されています。

midashi02

フラワーハートセラピーでは花を生命体としてみています。花から「気」=生命力をもらう事と言っても良いかもしれません。ベースに東洋医学があるのも特徴です。心理学と東洋医学をベースに色彩心理、アロマテラピー、形がもたらす効果を総合してまとめあげたものです。
 花はそれぞれに「花効果」と呼ばれる特性を持っています。そこで、花をひとつの処方箋のように用います。ある花は興奮状態をもたらし、ある花は沈静効果を持つ…というように。
これを活用しこんな心理状態にはこんなお花を、こんな心理状態になりたければこんなお花をそばに置きましょう…と提案します。

midashi03
心理療法と言うとちょっと敷居が高いかもしれません。しかしフラワーハートセラピーで実際にすることはフラワーアレンジメントを作ること。至ってシンプルです。ではフラワーアレンジメントとはどう違うのでしょうか?フラワーハートセラピーとフラワーアレンジメントは全く違います。
 アレンジメントのレッスンはお花をいかに美しくアレンジするか。「お花が主役」です。フラワーハートセラピーではお花を扱うことにより、クライアントがいかにHAPPYになるか。「あなた(ココロ)が主役」です。ですから出来上がったアレンジはフラワーアレンジメントとは全く違うものになります。無意識に自由にアレンジするので、出来上がったアレンジに深層心理が見えてきます。この作業にお花の知識や技術は必要ありません。といってもアレンジメントを作れるようになりたいもの。私はフラワーデザイナーでもあります。基礎から分かり易くお伝えします。お花の教室に通う感覚で、お気軽にお越し下さい。
バナー
当サイトの著作権は天使の花仕事に帰属されます。無断転用や改竄は法律で禁じられていますのでご注意ください。
Copyright © Tenshi-no-hanashigoto All Rights Reserved.