こんにちは!
静岡市葵区でカウンセリングをしています
深津美穂です。

オフィシャルサイトにお越しくださいまして、
ありがとうございます。

 

昨年は、バブル芸人の平野ノラさんや、

大阪の登美丘高校ダンス部のバブリーダンスなどで、

すっかりバブル時代がフューチャーされましたね。

バブル世代の私としてはちょっと血が騒ぐ感じでした(笑)

 

80年代に石野真子さんと言うアイドルがいて、

「ジュリーがライバル」

と言う楽曲を歌っていました。

 

ジュリーとは沢田研二さんのことね。

とっても人気のあった男性歌手で、

世の中の男性は、とってもジュリーのことをライバルなんて

言えないほどのかっこよさでした。

 

カウンセリングの仕事をしていて思うことは、

「ライバルは〇〇さんです」

あるいは

「ライバルは自分です」

と、言っている人はカウンセリングの必要性が低いかな。

 

自分も含めてライバルがいない方は、自分軸がない方。

人に振り回されてしまうので、自分を見失いやすい。

無趣味で、熱中することがないからライバルもいない。

 

ライバルがいないのは無彩色な世界なのかもしれません。

あなたにはライバルと思える方、いますか?

 

 

 

 

 

静岡市・心理カウンセラー
深津美穂のオフィシャルブログをお読み頂き、
ありがとうございました。
あなたが抱えている問題の根本原因を解決します。
潜在意識・思考術カウンセリングで自己実現を!