こんにちは!
静岡市葵区でカウンセリングをしています
深津美穂です。

オフィシャルサイトにお越しくださいまして、

ありがとうございます。

 

昨日は、年内最後の満月。

サクっと願いが叶う花曼荼羅®(塗り絵)セラピーを行ないました。

不思議なことがあるんです。

私とクライアントさんがマンツーマンになること。

 

必然的にとても濃いカウンセリングになります。

グループワークはグループワークなりの良さがあります。

ですが、マンツーマンはより深く、問題と向き合う事ができます。

当然ですね。

他の人がいては話せない内容になり、問題を深く掘り下げていくことができますから。

時には大幅に時間が延長される場合も。

 

昨日の花曼荼羅®(塗り絵)セラピーもそうでした。

塗り絵も含めカウンセリング時間、トータルで4時間。

 

昨日は、どうゆうわけかキャンセルが続出。

年末だから皆さん忙しのね。と思っていましたが・・・

そうではなかったかもしれません。

 

昨日のクライアントさんとガチで向き合う必要があったみたい。

カウンセリングの間、何度も泣かれていました。

カタルシスの涙。

泣くことで感情を浄化する事。

 

他の方、しかも初対面の方がいたら、

こんなカウンセリングはできず、

心起きなく話し、涙を流すことは出来なかったかもしれません。

 

マンツーマンになる必要があったのですね。

不思議ですが、そんな風にエネルギーが働くことがあるんです。

 

私がクライアントの時も何度かありました。

東京でセミナーに参加。

当日、どうゆうわけか、他の方が来られない。

体調を悪くしたり、電車が運休したり。

そして私にとっては・・・

先生とマンツーマンで向き合うからこそ、得られる多くの情報。

それが、どれだけ今の私のになっていることか・・・

 

マンツーマンになるエネルギー。

不思議ですが、確かにあるエネルギーです。

 

昨日のクライアントさん、お帰りになるときはスッキリ!
「私、変われる気がします」とおしゃりました。

最後のお顔つきが来た時とは別人のようになりました。

 

心が変わるから、ある意味、別人ですけどね(笑)

 

昨日をきっかけに、きっと大きく人生を変えられると思います。